転移や症状などに関する乳癌の基礎知識|がん治療は早期発見早期治療が重要です!池袋クリニックの治療と評判

乳癌とはどんながんか

乳癌とは、その名の通り乳房に発生するがんのことです。女性が最もなりやすいがんであり、30代以降になるとリスクが上昇します。しかし、早期発見早期治療を行なうことで9割助かるがんでもあります。ちなみに、男性も乳癌になる可能性があるため、決して女性だけの病気ではないのです。

転移や症状などに関する乳癌の基礎知識

医者と患者

症状と速度

乳癌は「浸潤(がん細胞が乳管内のみにとどまっている状態)」「非浸潤(乳管内から外へ浸潤を始めた状態)」「バジェット(がん細胞が表皮に発生した状態)」の3種類があり、ほぼ浸潤と非浸潤のどちらかが原因です。中でも非浸潤は初期段階であるため、症状の進行速度は極めて遅く、転移のリスクも低いですが、浸潤癌になると進行速度は早くなります。ちなみに、バジェットになる確率は約1%と極めて稀です。

原因

乳癌の原因は、エストロゲンという女性ホルモンが関係しています。エストロゲンにより、乳管付近の細胞が影響を受けてがん細胞に変化するというのが主な原因です。そのため、月経などの生理現象が定期的に発生する女性は女性ホルモンがより多く分泌されるため、乳癌のリスクは高くなります。

豆知識:男性と乳癌

男性も、乳癌のリスクはあります。上記したように乳癌の原因はエストロゲンという女性ホルモンです。このエストロゲンは、男性も分泌しています。しかし、分泌量が圧倒的に少ないため、乳癌になるリスクは非常に少ないです。ちなみに、思春期時のエストロゲン分泌量は女性の十分の一程度です(個人差はあります)。

広告募集中