転移する前に乳癌の治療を|がん治療は早期発見早期治療が重要です!池袋クリニックの治療と評判

転移する前に乳癌の治療を

女医と患者

早期発見早期治療が基本

乳癌のみならず、がんは基本的に早期発見早期治療が肝です。早期に治療することで体に掛かる負担が少なく、回復も早くなるからです。特に乳癌においてはかなり早期に発見することが非常に重要になってきます。

乳癌は特に早い治療を

乳癌になった場合、症状の進行具合によっては乳房の切除を行なわなければなりません。そのため、規模によっては乳房が殆どなくなってしまうということもあり得るのです。近年ではシリコンなどで元の形に近づけることもできますが、それでもやはり出来る限り規模が小さくなるように定期的な検診で発見に努めましょう。

月に一度はセルフチェックを

早期発見早期治療のためには、乳がんになっていないかどうかのチェックが重要です。自分でチェックする場合は鏡の前でバンザイをし、旨に凹凸や皮膚の変色がないかどうかを調べる他、実際に触ってしこりがないかどうかを確認します。これを月一度行ない、年に一回乳がん検査を行なえば早期発見は難しくありません。乳癌の初期段階は転移も進行も遅いため、年に一度程度でも十分です。

切除か、温存か

乳癌は切除して治療するか、切らずに温存するかを選ぶことになります。完治できる可能性が高いのは切除手術ですが、近年では温存療法も再発のリスクを減らしやすくなっています。というのも、乳癌は転移が遅い他、医学の発達により乳癌の特性なども把握され始めているからです。もし、温存療法という選択肢が気になるのであれば、医者に相談してみましょう。

免疫細胞治療の可能性

乳癌治療の可能性として、免疫細胞治療が注目されています。これは自己の免疫細胞を強化してがん細胞の除去を行なう治療方法であり、抗がん剤のように強い副作用が現れないことが特徴です。しかし、まだ研究段階であり、自己負担でもあるため、発展途上の治療方法といえます。病院によっては力を入れているところもあるため、気になる場合は尋ねてみましょう。

広告募集中